処世若大夢胡為労其生

ギター講師兼作家、八幡謙介の日常ブログ。音楽とアニメ以外のこと。

低血糖症の僕が血糖値を安定させる方法が分かってきた

前書いていた健康ブログを読んでいた人はわかると思いますが、僕は低血糖症です。

血糖値が下がりすぎていろいろとしんどくなる体質です。

AKBの岡田奈々ちゃんと同じです。

 

大事なのは、インスリンを過剰に出さないために血糖値を急激に上げないことと、インスリンの分泌を促す食品(例えば玉葱、お茶など)を控えることです。

一番ダメなのは甘いものを食べたり、ドカ食い、早食いです。

そういったことをすると血糖値が急上昇し、インスリンがどばどば出て低血糖症になり、いろんな症状が出ます。

じゃあ甘いものや炭水化物を控えればいいかというと、糖質や炭水化物が不足すればそれはそれでエネルギー不足で体や頭が動きません。

 

食事の際は食材に注意しつつ、野菜から食べはじめて、良く噛んでゆっくり食べれば血糖値は安定します。

問題は間食です。

甘いものを食べれば血糖値は急激に上がり、インスリンが分泌されて低血糖になります。

いわゆるお菓子は全部NGだと思ってもらえればいいでしょう。

かといってご飯の間食にご飯を食べるのもおかしな話だし、毎日毎日優雅に時間をかけて間食を食べられるほど貴族でもありません。

で、あるときふとココアにハチミツを入れてゆっくりゆっくり飲んでみると、なんと血糖値が安定しているのがはっきりとわかりました。

 

ココアにもハチミツにも意味はあります。

 

まず、ココアはお茶類と違って血糖値を下げる効果はさしてないようです。

これは体感で分かります。

また、コーヒーは体を冷やすし、中毒性もあるのでNGにしていますが、ココアは体を温めます。

だから低血糖症で内臓冷え性の僕にはうってつけの飲み物です。

 

そしてハチミツは血糖値をゆっくりと上昇させる効果があるようです。

ただしスプーン一杯をいきなり摂ると血糖値は急上昇します(実証済み)。

ハチミツ100%の飴でもNG(実証済み)。

そこで、ココアにハチミツをスプーン2杯程度入れ、それを30分以上かけてゆっくりゆっくり飲みます。

するとその後血糖値が安定し、心身ともに活動的になります。

 

また、ココアはカフェインが少ないので寝る直前にも飲めます。

ハチミツココアを飲んで血糖値を安定させておくことで夜間低血糖も防ぐことができるようになりました。

今まではビールをゆっくり飲むことで夜間低血糖を軽減させることができていたのですが、そこにハチミツ入りココアを足すことでより血糖値が安定するようになりました。

もちろんビールもココアもゆっくりゆっくりが鉄則。

ちなみにビールはそれほど内臓を冷やしません。

ウイスキーの方がよっぽど内臓を冷やします。

 

世間では血糖値を上げないために低GI食品がどうやら言われてますが、早食いすれば血糖値はすぐ上がります。

そもそもハチミツは低GIのはずですが、スプーン一杯、飴一個で血糖値は急上昇しますよ。

しかし、少量をゆーっくりゆーっくり摂れば血糖値は安定してくれます。

これは、ご飯でもパンでも一緒です。

昔の人が「良く噛んでゆっくり食べなさい」と言ってきたのは血糖値を安定させるためだったのでしょう。

 

ちなみに僕は家庭でも学校でも昔から早食いをさせられてきたので、その点に関しては恨んでます。

今後早食いや一気を推奨・強要する人とは、どんなにメリットがあっても自己防衛のために絶対に付き合わないと決めていますし、軽蔑します。

どっかの企業の社長が、「早飯できないやつは仕事できない」とか言っているのを観たことがありますが、アホですね。

ダウンタウンの松ちゃんも以前「早飯できない人は芸人として成功しない」と言っていましたが、絶対に関係ありません。

早飯したところで血糖値を乱すだけです。

まあ、一瞬だけ血糖値が上がり、ブーストがかかった状態で仕事するという意味なら理解できなくもないですが、長い目で見れば糖尿まっしぐらでしょう。

等価交換の法則

等価交換の法則

 
シャンバラの住人

シャンバラの住人