処世若大夢胡為労其生

ギター講師兼作家、八幡謙介の日常ブログ。音楽とアニメ以外のこと。

冷え取りの好転反応”めんげん”について

僕は内臓型冷え性なんですが、2018年から熱心に冷え取りをしてきて、時々”めんげん”が出るようになりました。

”めんげん”とは東洋医学でいう好転反応のことだそうです。

冷えについて勉強していく過程でこれを知りました。

その後、そういえば昔野口整体の本にも「下痢や嘔吐、発熱などは悪いものを出してるんだから全部出るまでほっとけばいい」と書いてあったなあと思い出し、たぶんあれも”めんげん”のことだったのでしょう。

 

この”めんげん”は人によって症状が違うそうです。

下痢、嘔吐、発熱、湿疹、頭痛、目眩、発汗などなど。

特徴としては冷え取りを続けているとあるとき突然襲ってくること、それが1~3日程度でおさまること、その後にすっきりすることだそうな。

で、僕の場合は発熱です。

 

2018年の3月頃、せっせと冷え取りにいそしんでいたところ、ある日突然熱が出て仕事が出来なくなってしまいました。

しかし不思議なのは、熱しか出なかったことです。

風邪の症状はいっさいなし。

3日ほど熱で寝込んで、その後徐々に回復していき、完全に体調が戻ったときには身体は以前より軽くなり、頭もすっきりしていました。

 

例えば風邪で寝込んでからやっと外出できるぐらいになったときって、まだ節々に病気の跡が残っていて、そこから徐々に日常に慣らしていき、やがて完全に元に戻るという感じだと思います。

しかし”めんげん”の後は、突然熱が下がったかと思うと、熱が出る前よりも健康な身体になっているのです。

ちなみに先日(2019年2月)にも”めんげん”による発熱があったのですが、偶然休みだったので5~6時間程度寝ていたら治り、心身共に前より健康になって集中力までアップしていました。

 

また、いくつか不安に思っていることがあったのですが、”めんげん”後にはなぜか全く気にならなくなっていました。

 

2018年に出た”めんげん”の時も同じような効果があったのですが、今回は発熱時間は短く、”めんげん”後の効果は同じくらいでした。

 

熱心に冷え取りをしてる方は”めんげん”について知っておくといいと思います。

他の人のケースを読んでもけっこう大きいらしいし(下痢が止まらない、全身に発疹が…とか)、僕のケースも仕事が出来なくなるぐらいの熱が出ます。

最初来たときは本当にびっくりしました。

その後数回体験して、風邪の症状が一切なく熱だけ出るのが僕の”めんげん”だと分かりました。

だから先日も「あ、”めんげん”来た、寝とくかw」と落ち着いて対応でました。

 

”めんげん”について検索

peraichi.com