処世若大夢胡為労其生

ギター講師兼作家、八幡謙介の日常ブログ。音楽とアニメ以外のこと。

ソイフリー(大豆抜き)生活にしたら内臓が冷えにくくなり、体温が上がってきた

以前、どうやら大豆が内臓を冷やしているらしいと突き止め、食事から大豆を抜いていくことにしました。

k-yahata-nichijyou.hatenadiary.com

調べてみると、日常口にするもので大豆からできている食べ物、大豆が入っている食べ物は思ったよりも多く、思わぬところに大豆が潜んでいます。

豆腐や味噌汁はもちろん、お揚げ、薩摩揚げやちくわなどの練り物、お菓子などに入っている乳化剤、果てはアミノ酸サプリまで……。

それらを新調に調べて口にしないようにしていくと、確かに体温が上がっている感じがあります。

しかし、まだどうしてもちょっと冷える日があります。

おかしい、大豆製品は摂ってないし、乳化剤が入っているお菓子も避けているのに……と思ったらあいつがいました。

そう、醤油です!

 

あまりにも身近すぎて全く気がつきませんでした。

しかし、醤油も無理となるといよいよです。

そこでもしかしたらと思い、「大豆抜き 醤油」で検索すると、なんとヒットしました。

こちら!

なんと大豆と小麦を使っていない醤油です。

近所の大きなスーパーに行ったら置いてあったので、早速購入。

使ってみると、多少物足りないけど醤油の味はします。

そしてそして、これに変えてから体の冷えがまたぐんと減った感じがあります。

頭も体も一段階活動的になった感じがしています(この辺は冷えない人には分からないでしょうが)。

 

昨日なんとなしに食べてしまったサンドイッチに乳化剤が入っており、また冷えてしまいましたが、それも含めて改めて大豆と冷えが大きく関係していることが分かりました。

ということで、今後は大豆と大豆由来の成分厳禁でいきます。

食べられないものは、

豆腐

味噌汁(少量ならOKっぽい)

納豆

練り物

揚げ

醤油

豆乳

乳化剤の入っているもの

アミノ酸(大豆から抽出しているもの)

などなど。

 

そういえば以前は、冷や奴に豆腐の味噌汁に納豆といった食事をしていましたが、今考えればゾっとしますね……。

あと、海外にいたときそこまで冷えを感じていなかったり、めっちゃ元気に遊べていたんですが、大豆製品を食わなかったからでしょう。

日本人だから日本食が一番ってことはないようです。

等価交換の法則

等価交換の法則

 

 peraichi.com