処世若大夢胡為労其生

ギター講師兼作家、八幡謙介の日常ブログ。音楽とアニメ以外のこと。

親謁の儀のニュースを観て、そういえば自分が馬アレルギーだったことを思い出した

先日天皇陛下が伊勢神宮を参拝(親謁の儀)を参拝されるお姿がニュースになっていました。

そのとき、皇后様は馬アレルギーをお持ちなので馬車にはお乗りになれないと報道されていたのを見て、僕は「うおお!」と思いました。

 

なぜかというと、僕も馬アレルギーだからです。

 

今はもう治っているかもしれませんが、小学生の頃、馬に近寄ると目が真っ赤に充血してかゆくてかゆくてたまらなくなっていました。

それ以来、アレルギーだということで馬には一切近寄らなくなりました。

大人になっても半径数百メートルに馬がいると匂いですぐに分かるので近くに行かないように警戒していました(京都では神社に神馬がいたり、行事で馬が街中を歩いていることが多い)。

 

横浜に来るとさすがに生活圏に馬がいないのでずっと馬アレルギーであることを忘れていましたが、先日の報道で「俺も!」と思い出しました。

皇后様と同じとはなんとも……。

 

もうたぶん治ってると思うんですが、別に馬が好きで好きでたまらんわけじゃないので、試してません。

悪化しても嫌だし。

www.news-postseven.com

peraichi.com