処世若大夢胡為労其生

ギター講師兼作家、八幡謙介の日常ブログ。音楽とアニメ以外のこと。

守護霊視てもらったら18世紀の中国の武将って言われたw

先日、たまたま守護霊を視てもらう機会がありました。

元々そういったのには全然興味なかったんですが、無料でできたのでお願いしました。

その結果、僕の守護霊は18世紀の中国の武将って言われましたw

18世紀ってことは清の時代、雍正帝、乾隆帝あたりでしょうか?

乱世ではないようです。

 

そういえば昔から中国はなんとなく興味があったり、漢文も学生時代から好きだったし、漢詩も二十歳ぐらいからずっと読んでたり、最近も老荘を読み始めたばかりです。

そもそもこのブログのタイトルも漢詩だし、てなことを考えるとなんか納得してしまいます。

あと、守護霊さんは背が高くて冷静な人だそうですが、それも同じ。

武術に長けて身体能力が高いってのは違いますが、武術は昔から興味があり、ギターを身体操作から研究するというのもなんか近い感じがします。

ギターの身体能力ってことか??

 

あと、守護霊さんは槍が得意だったそうですが、僕は槍を触ったことがありませんw

もしかして槍の才能あるのかも?

宝蔵院流でも習ってみるかww

 

ちなみに、カウンセラーの人には名前しか言ってません。

だから僕の身長も風貌も、漢籍読んでることも絶対に知らないはずです。

仮にネットで名前検索したとしても、やるなら音楽に絡めて適当にでっち上げた方がいいはず。

 

そんな感じで、無料にしてはちょっと面白い体験でした。

酒の席のネタにでもします。

peraichi.com