処世若大夢胡為労其生

ギター講師兼作家、八幡謙介の日常ブログ。音楽とアニメ以外のこと。

なんちゃって地政学で大国の覇権主義を読み解く

最近ちょっとだけ地政学に興味があって、こんな本を買いました。

新しい地政学

新しい地政学

  • 発売日: 2020/02/28
  • メディア: Kindle版
 

まだ途中ですが、内容の硬さが今の僕にちょうどよくて面白いです。

 

僕は以前から大国ほど覇権的になることに疑問を持っていました。

国が大きくて人口が多くて資源もあって、なんで他国に干渉ばっかするのか…

その辺を紐解く鍵が地政学にあるようです。

地政学は定義が難しい学問だそうですが、単純に「地図から政治を見る」ってことでいいでしょう。

英語ではGeopoliticsと言うので、その直訳ですね。

そうした観点から大国…たとえば中国を地図で見てみると、今まで分からなかったことが見えてきました。

 

結論から言うと、大国めっちゃでかい→接してる国が多い→問題が起きやすい(密入国、紛争、侵略etc)→属国にしときゃひとまず安心!

てことでしょう。

では中国が接している国は?

 

  • ロシア
  • 北朝鮮
  • ベトナム
  • ラオス
  • ミャンマー
  • ブータン
  • ネパール
  • パキスタン
  • アフガニスタン
  • タジキスタン
  • キルギス
  • カザフスタン

 

なんと12国との間に国境が存在します。

てことは、理論上は12の国から侵略される可能性があるわけです。

そうなると、その中のできるだけ多くの国と友好関係を持っておくのがベター、支配できればベストと考えるのは自然でしょう(それがいいか悪いかは別として)。

その中でも、次のような国とは特に友好的である(支配も含む)必要があります。

 

  • 国境線が長い国
  • 首都に近い国

 

国境線が長いと、軍事的にはそうとう怖いと思います。

国境に沿って軍を展開したり、相手が攻めやすくこちらが守りにくい地形から攻撃されるとやっかいなので。

まあ、向こうも同じだけ怖いのかもしれませんが。

また、首都に近い国も相当気になるはずです。

こうした国とは、できるだけしっかりと関係性をコントロールできていることが望ましというのは素人でもわかります。

……と考えると、中国と北朝鮮、ロシアの関係性が理解しやすくなります。

 

また、中国は西側に自治区を置き、実効支配していますが、これも地政学的に考えると、隣接国との緩衝地として理解できます(倫理、道徳はおいといて)。

例えば、ネパール、ブータン、タジキスタンは西蔵(チベット)自治区と接しています。

仮にその辺の国が侵攻してきて、チベットが蹂躙されたとしても共産党政府やほとんどの中国人からすれば痛くも痒くもないだろうし(そもそも中国じゃねーし)、しかも政治的には利用し放題です。

新疆ウイグル自治区も同じです。

多数の国と接する西側に緩衝地として自治区(本来中国じゃないけど実行支配している国)を置いておくというのは、なんと老獪な地政学でしょう!

 

一方アメリカを見てみましょう。

アメリカが隣接している国は……

 

  • カナダ
  • メキシコ

 

なんとこの二国のみ!

しかも国境線の長いカナダは超友好国でもめる心配はまずない、ということは実質メキシコだけ気を付けておけばいいことになります。

そのメキシコにアメリカは密輸、密入国で長年苦しめられてき、近年トランプ大統領が壁を建設して費用をメキシコに負担させると豪語しているのは周知の通りです。

たった一国でもここまでもめるのに、十数国も隣接していたら覇権主義、領土拡張主義に走ってもしゃーないのかなと思えてきます。

他国への干渉、領土拡張等は攻撃ではなく、むしろ防御と考えるべきでしょう。

地政学的に考えると、こうした側面が見えてきて面白いです。

 

そこから改めて日本を見てみると、陸続きで隣接している国がないため、他国が持つ強い外患が理解できないというある種の欠点があります。

そこがもしかしたら日本人の国際感覚の欠如につながっているのかもしれません。

「おっきい国が小さい国いじめなくても…」「なんであんなに国土を持ってて小さい小さい島にこだわるの?」と考えるのは、平和ボケならぬ地政学ボケなのかもしれません。

 

余談ですが、昔東南アジアをよく旅行していたとき、一度でいいから陸の国境をまたいでみたいと思い、タイからカンボジアに陸路で渡ったことがあります。

ここから一歩で別の国、別の歴史、別の法が支配する土地というのがとても不思議な感覚でした。

【広告】

八幡謙介ギター・音楽教室in横浜

yahatakensuke.com

八幡謙介の書籍

Amazon

楽天

BOOK☆WALKER

peraichi.com

未来撃剣浪漫譚ADAUCHI

Kindle版

未来撃剣浪漫譚【1】ADAUCHI

未来撃剣浪漫譚【1】ADAUCHI

  • 作者:八幡謙介
  • 発売日: 2014/05/01
  • メディア: Kindle版
 

楽天kobo版

books.rakuten.co.jp

Book☆Walker版

bookwalker.jp