処世若大夢胡為労其生

ギター講師兼作家、八幡謙介の日常ブログ。音楽とアニメ以外のこと。

中田敦彦のYoutube大学観るのやめた

2019年にはじまったオリエンタルラジオの中田敦彦氏Youtubeチャンネル「中田敦彦のYoutube大学」をずっと観ていましたが、最近観る気がしなくなったのでやめました。

その理由。

 

1、資料が偏っていることへの危惧

2、内容の軽さ(誤りの多さ)

3、中田氏の熱量への疑問

 

1、資料が偏っていることへの危惧

これはかなり初期から感じていました。

中田氏は毎回資料を提示するのですが、それがいつも1冊2冊程度。

内容が現代人物伝とかなら別にいいんですが、哲学や宗教、歴史に関してたった1冊の資料で語るのは危険としか言いようがありません。

「大丈夫かなー」と思いつつも、まあエンタメチャンネルだしと一歩引きながら楽しんで観ていました。 

 

2、内容の軽さ(誤りの多さ)

このチャンネルが「エクストリーム」(極端)に様々な学問や人物を紹介する内容であり、中田氏が各分野の専門家ではないことも重々承知です。

それでも僕ですら『ん? それで大丈夫か?』と思うことが何度かありました。

もちろん僕はそれらの専門家ではありませんが、それでも疑問に思うほどあまりにも表面しかなぞっていなかったり、ざっくりが過ぎたり。

なお、調べてみたら各分野の専門家から同チャンネルへの誤りの指摘がまとめられていたので読んでみました。

かなり根本的な誤りが各分野にあるようです。

ああ、やっぱり、と思いました。

そもそも、毎日投稿ありきというのが無理があるんでしょう。

 

3、中田氏の熱量への疑問

これが観るのを辞めた最大の理由です。

中田氏の熱量は、どう考えても学問にはなく、Youtubeにあります。

もっと言えば、TVが衰退しつつある時代の新しい成功のかたちに興味があり、その一環としてのYoutubeがあり、その手段としての学問ということです。

例えば、歴史動画を観たとき、歴史が好きで好きでみんなにも歴史の楽しさや奥深さを知って欲しいという熱は感じません。

”今” ”俺が” ”歴史のここを” ”この熱で” 語ったらネットはどう反応するか?

それによって俺はどこまでジャンプできるのか、あるいはできないのか。

そういうゲームをしているようにしか見えません。

そして、それが僕には受験勉強的に見えます。

受験勉強とは、「さえすれば」終わる勉強です。

例えば日本史なら日本史動画をUPしさえすれば終わり。

それ以上はもう勉強しない、だって動画は撮り終わったから…

また必要ならその分は勉強するよ、メリットがあれば…

そういうスタンスがはっきり見えます。

だからか、この人に取り上げられる分野がいちいちかわいそうになってきて、「それなら自分で勉強しよ。できなければ安易に動画なんか観て分かった気になるのやめよ」となります。

 

そういった流れで僕は中田敦彦氏のYoutube大学を観るのを辞めました。

 

peraichi.com

「旅ジョ ~絶景・美食・癒やしのカンボジア」がとてもよかった

2019年末に放送されたこちらの番組がとてもよかったのでご紹介します。

www.tv-tokyo.co.jp

タイトルを観た瞬間僕は思わず「おお、ついに!」と口に出してしまいました。

なぜかをご説明します。

 

僕は2005年~2009年ぐらいによくカンボジアに行っていました。

安いしのんびりしているし、食べ物は(ちゃんとしたところで食べれば)美味しいし、遺跡はでかいし、とにかく楽しかったのでハマっていました。

しかし、回りの人に「カンボジアに行ってくる」と言うと必ず「え、なんでそんなとこ行くの?」「大丈夫?」「ボランティアで?」と返されました。

中には「地雷撤去しに行くの?」と本気で訊いてくる人もいました。

 

まあそれはいいとしても、一番嫌だったのは日本のメディアのカンボジアの扱い方です。

カンボジアに行くようになってからTVでカンボジアを紹介した番組があれば必ず観ていましたが、貧しい、危険、汚い、過去の内戦、虐殺、地雷、学校に行けない子供たち……どの番組もあまりにもステレオタイプで、しかもイメージを下げるような紹介の仕方をされていてその都度憤慨していました。

カンボジアが上記のようなことしかない国だったら僕は二度と行っていません。

最初は怖々旅していましたが、とても楽しい国だと分かったので何度も足を運ぶようになったのです。

メディアはカンボジアの楽しさ、美しさを全然取り上げない、じゃあ自分で書くかとこちらの小説を出版しました。

まあ、全然売れてませんが。

セームセーム・バット・ディッファレン

セームセーム・バット・ディッファレン

  • 作者:八幡謙介
  • 出版社/メーカー: 八幡謙介
  • 発売日: 2013/03/21
  • メディア: Kindle版
 

そんな中、やっとカンボジアの楽しいところだけを取り上げた番組が放送されました。

もしかしたらTV史上はじめてなんじゃないでしょうか?

それぐらいすごいことだと僕は思います。

さすがテレ東さんです。

実際視聴してみると、内戦も貧困も虐殺も一切出てこず、女性二人がただただ楽しそうに旅をされていました。

アンコールワットはもちろん、アプサラにパブ・ストリート、クメールマッサージなどなど。

どれも旅の懐かしい思い出がよみがえってきました。

 

プノンペンにバスが走っていたのにはびっくりしました。

僕が最後に行ったときはなかったです。

日本の無償協力だそうですが、まだそういった関係が続いていることにも驚きです。

石澤良昭教授がまだご健在なのも知れてよかったです。

これ観てカンボジアに行きたくなる人が増えるといいですね。

あと、僕の小説も売れるようになるといいなあ……

 

僕も10年ぶりぐらいにまたカンボジア行きたいです。

peraichi.com

やりすぎ都市伝説観て思ったんだが、なんで宇宙人って我々に都合よく発音できるそれっぽい名前なの??

やりすぎ都市伝説スペシャル、今年もやってましたね。

今年は人間をつくった宇宙人がどうたらこうたら。

90年代に青春時代を過ごした僕からすると、なつかしいうさんくささでワクワクします。

昔はこんなオカルト番組がわんさとありました。

 

さてふと疑問に思ったこと。

今回宇宙人の名前がいっぱい出てきましたが、どれも絶妙に我々地球の言語で発音できちゃうんですが、なんででしょう?

あと、容姿とか文化とかも絶妙に我々が想像できる範疇に収まっているのも不思議ですww

文明が発達した高度な生命体なら我々が発音もできないような名前や、チンプンカンプンな文化、想像もできないような容姿でもおかしくないはずなのに。

 

あと、番組では国家レベルの秘密を暴露したり、相当ヤバいとされる話をしていますが、なんで毎年毎年放送できるんでしょうか?

圧力ないの?

関さんはなんで消されないんでしょう??

そんなことを考えながら毎年楽しみに観ていますw

peraichi.com

守護霊視てもらったら18世紀の中国の武将って言われたw

先日、たまたま守護霊を視てもらう機会がありました。

元々そういったのには全然興味なかったんですが、無料でできたのでお願いしました。

その結果、僕の守護霊は18世紀の中国の武将って言われましたw

18世紀ってことは清の時代、雍正帝、乾隆帝あたりでしょうか?

乱世ではないようです。

 

そういえば昔から中国はなんとなく興味があったり、漢文も学生時代から好きだったし、漢詩も二十歳ぐらいからずっと読んでたり、最近も老荘を読み始めたばかりです。

そもそもこのブログのタイトルも漢詩だし、てなことを考えるとなんか納得してしまいます。

あと、守護霊さんは背が高くて冷静な人だそうですが、それも同じ。

武術に長けて身体能力が高いってのは違いますが、武術は昔から興味があり、ギターを身体操作から研究するというのもなんか近い感じがします。

ギターの身体能力ってことか??

 

あと、守護霊さんは槍が得意だったそうですが、僕は槍を触ったことがありませんw

もしかして槍の才能あるのかも?

宝蔵院流でも習ってみるかww

 

ちなみに、カウンセラーの人には名前しか言ってません。

だから僕の身長も風貌も、漢籍読んでることも絶対に知らないはずです。

仮にネットで名前検索したとしても、やるなら音楽に絡めて適当にでっち上げた方がいいはず。

 

そんな感じで、無料にしてはちょっと面白い体験でした。

酒の席のネタにでもします。

peraichi.com

親謁の儀のニュースを観て、そういえば自分が馬アレルギーだったことを思い出した

先日天皇陛下が伊勢神宮を参拝(親謁の儀)を参拝されるお姿がニュースになっていました。

そのとき、皇后様は馬アレルギーをお持ちなので馬車にはお乗りになれないと報道されていたのを見て、僕は「うおお!」と思いました。

 

なぜかというと、僕も馬アレルギーだからです。

 

今はもう治っているかもしれませんが、小学生の頃、馬に近寄ると目が真っ赤に充血してかゆくてかゆくてたまらなくなっていました。

それ以来、アレルギーだということで馬には一切近寄らなくなりました。

大人になっても半径数百メートルに馬がいると匂いですぐに分かるので近くに行かないように警戒していました(京都では神社に神馬がいたり、行事で馬が街中を歩いていることが多い)。

 

横浜に来るとさすがに生活圏に馬がいないのでずっと馬アレルギーであることを忘れていましたが、先日の報道で「俺も!」と思い出しました。

皇后様と同じとはなんとも……。

 

もうたぶん治ってると思うんですが、別に馬が好きで好きでたまらんわけじゃないので、試してません。

悪化しても嫌だし。

www.news-postseven.com

peraichi.com